しわ コンシーラー

コンシーラーがしわを目立たせる!?正しいメイク方法をご紹介!

「しわやしみを隠したい!」そんな思いから、コンシーラーをたくさん塗っていませんか?コンシーラーは多く塗ってしまうと、時間の経過と共にしわを悪目立ちさせてしまいます。

 

そうならない為にも、今回はコンシーラーの正しい塗り方についてご紹介していきます。又、コンシーラーの間違った塗り方についても記載していますので、ぜひご覧ください!

 

コンシーラーの正しい塗り方を教えて!

 

*ステップ1 スキンケア*
コンシーラーでしわを目立たせない為には、メイク前のスキンケアが重要になってきます。両手で化粧水を取り顔全体を包み込むように保湿しましょう。そして一通り化粧水が肌に浸透したら、再度化粧水で保湿を行います。

 

手のひらを使ってしっかり肌に浸透させるイメージで行なってくださいね。最後に、しわが生じやすい目元にアイクリームや目元用美容液を塗ると完璧です。しわだけでなく、くまやくすみにも効果的ですので、ぜひ試してみてください。

 

*ステップ2 *
「しみを埋めたいから固いテクスチャのコンシーラーで徹底的に埋める!」これは一番間違ったコンシーラーの塗り方です。こんな塗り方をしてしまうと、コンシーラーがしわに入り込んで余計に目立ってしまいます。

 

コンシーラーは最も隠したい場所と、普通の肌との境目をなくすのが目的です。これによりファンデーションを塗った後の仕上がりがよくなるのです。コンシーラーは塗り込むものではなく、馴染ませるものだという事を忘れないでくださいね。

 

気を付けて!間違ったコンシーラーの塗り方4選!

 

*適切でないコンシーラーを使っている*
コンシーラーには、それぞれ特徴が違い、カバーしたい場所に合わせて使い分けるのがベストです。動きが多い口元や目元は柔らかいリキッドタイプ、またはクリームタイプがおすすめです。固い練りコンシーラーはシミやホクロを隠すのに利用してくださいね。

 

適切なコンシーラーを使い、しわが悪目立ちするのを防ぎましょう。

 

*コンシーラーを塗る順番を間違っている*
コンシーラーを塗る順番は、主にファンデーション前か後に分けられます。これは化粧品のメーカーに合わせて使うのがベストです。よってコンシーラーを購入の際に、きちんと確認しておきましょう。

 

一般的には
・リキッドファンデーション→ファンデーション後にコンシーラー
・パウダーファンデーション→ファンデーション前にコンシーラー

 

ですので、一応覚えておいてくださいね!

 

*コンシーラーをぬる場所を間違っている*
コンシーラーは隠したい部分全体に塗るものではありません。まずは最も隠したい場所にのせ、次に塗る必要のない部分にのせます。そして、その境目を埋めるように指で馴染ませるのが正解です。

 

隠したい部分と普通の肌の部分の境目が目立たなくなりますので、綺麗にカバーする事ができますよ。

 

*コンシーラーの容器を開けたままにしている*
あなたはコンシーラーの使用中、蓋やキャップをきちんとしめていますか?「コンシーラーを使っている間だけだし・・・」と開けっ放しにしているのは絶対にNGです。コンシーラー自体が乾燥してしまうと、しわを隠すどころか目立たせてしまいますので要注意ですよ。

 

コンシーラーを正しく使ってしわを目立たなくさせよう!

 

今回はコンシーラーの塗り方と間違った塗り方についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?コンシーラーはしみ・しわ・くま等を隠してくれる優秀なアイテムです。しかし間違った使用方法だと、かえってしわを目立たせてしまいます。

 

上記で記載したコンシーラーの塗り方を理解し、正しくメイクしていきましょうね。しわを隠して20代の時と変わらない仕上がりにしましょう!